記事一覧

津山事件の資料を発見(静岡県磐田市)

 日本の犯罪史上最大の大量殺人とされる昭和十三年(1938)に岡山県で起きた「津山事件」の資料が、磐田市内に住む岡山県警警察官遺族宅で発見された。
 見つかったのは事件を詳しく記録・分析した冊子と、現場や凶器などを撮影した写真が26枚で、警察が後進の教育用に作成し、刑事らに配布したものとみられるという。[中日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村