記事一覧

『三河物語』の写本を発見(愛知県豊川市)

 徳川家康の旗本大久保彦左衛門忠教が子孫に書き残した自伝『三河物語』の写本とみられる冊子3冊が鈴木日向守重教の末裔宅で発見された。
 江戸時代後期に書かれたものとみられ、表題は「参河記(みかわき)」と書かれていたが、内容は『三河物語』と一致するという。[東日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村