記事一覧

三仏寺(鳥取県三朝町)

 三仏寺投入堂で知られる江戸時代末期~明治時代初期とみられる三徳山を描いた版木が発見された。
 険しい山中に配置された建物群が一望でき、右下の正善院輪光院、皆成院の周辺には桜並木とみられる木々が描かれているという。[日本海新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村