記事一覧

法華嶽薬師寺(宮崎県国富町)

 法華嶽薬師寺にある板絵4面が、県内最古の絵とみられることがわかった。
 仏教の世界を守る「十二神将」の特徴を示す神々が描かれた仏画で、「永禄六年(1563)」との墨書が背面に確認され、戦国大名伊東氏の祈願寺だった時代に奉納されたとみられるという。[宮崎日日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村