記事一覧

明応東海地震の痕跡を発見(静岡県焼津市)

 南海トラフで発生した1498年の明応東海地震で、焼津市鰯ケ島小川港付近で海底地滑りが発生し、海岸線が後退した可能性があることがわかった。
 同市の海岸では887年の仁和地震時の海底地滑りの痕跡が見つかっており、一帯は海底地滑りが発生しやすい可能性があるという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村