記事一覧

倉敷市立自然史博物館(岡山県倉敷市)

 倉敷市立自然史博物館所蔵昆虫化石の中から、国内最大となるシロアリの羽の化石が発見された。
 オオシロアリ科の「ギアテルメス・ナガノエンシス」というシロアリで、現存種と比べると約4倍の長さがあり、羽を広げると62mmに達したとみられ、20日午後4時から同館で研究発表会があるという。[山陽新聞dメニューニュース]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村