記事一覧

中岡慎太郎の手紙を発見(京都市左京区)

 慶応三年(1867)に坂本龍馬とともに暗殺された土佐の志士・中岡慎太郎の手紙が、京都大学附属図書館所蔵の志士らの書状が貼られた屏風の中から発見された。
 長州の「山中」と名乗る志士に、通行許可証の発行を依頼する内容で、4月29日から中岡慎太郎館(高知県北川村)の企画展で展示するという。[産経新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村