記事一覧

飛鳥寺西方遺跡(奈良県明日香村)

 初めて本格的な飛鳥時代(7世紀)の建物跡が見つかった飛鳥寺西方遺跡の建物跡の柱間(はしらま。柱と柱の距離)は宮殿クラスの規模だったことがわかった。
 全体像がつかめていないのではっきりとはわからないが、楼閣や倉庫、門跡などが考えられるという。[産経新聞・Yahoo!ニュース]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村