記事一覧

宇治二子山古墳(京都府宇治市)

 墳丘の形状が不明確だった5世紀後半に築かれた宇治二子山古墳の南墳が、直径約30mの円墳だったことがわかった。
 同墳は応神天皇の皇子・莵道稚郎子(うじのわきのいらつこ)が営んだとされる莵道宮との関係も想定されているという。[京都新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村