記事一覧

東大寺(奈良県奈良市)

 鎌倉時代に摂津国の荘園・杭瀬荘(現在の兵庫県尼崎市杭瀬付近)の一部を、領主の東大寺側と、幕府が任命した地頭とで折半したことを示す絵図「下地中分絵図」が東大寺宝珠院で発見された。
 荘園の一部地域が寺と地頭とに朱線で細かく分かれており、当時の土地支配や社会を考える上で貴重な史料だという。[中日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村