記事一覧

自由民権記念館(高知県高知市)

 大逆事件で処刑された社会主義者・幸徳秋水が発禁処分を警戒しながら著作の印刷製本を依頼した新たな書簡が高知市自由民権記念館で発見された。
 ロシアの無政府主義者クロポトキンの著作を翻訳した代表作『麺麭の略取』の出版をめぐるやりとりとみられるという。[共同通信中日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村