記事一覧

ビショップキャッスルコミュニティーカレッジ(イギリス)

 シュロップシャーのビショップ・キャッスル・コミュニティー・カレッジにあるピアノの鍵盤の下から、ビクトリア朝時代の金貨が大量に発見された。
 見つかったのは1847~1915年に鋳造された1ポンド金貨と半ポンド金貨計913枚で、1920年代後半にピアノの中に入れられたとみられ、4200万~5600万円の資産価値があるとみられるという。[AFP]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村