記事一覧

富山城(富山県富山市)

 富山城外堀から出土した県内最古の木製売薬行商鑑札が発見された。
 10.65×7.6cm、「明治十六(1883)年、十月廿三日」と、許可を受けた人名や薬名、新川郡役所焼き印も確認できたという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。



関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

このページのトップへ