記事一覧

平安山原B遺跡(沖縄県北谷町)

 平安山原B遺跡で発見された縄文時代晩期の東北を代表する「亀ケ岡式土器」様式とみられる土器片が、北陸や中部地方の人が西日本に来て作った可能性があることがわかった。
 成分を調べた結果、約7300年前に西日本一帯に降り積もった鹿児島県沖の海底火山の灰を含んでいたという。[共同通信琉球放送]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村