記事一覧

金井下新田遺跡(群馬県渋川市)

 地域首長の政治・祭祀拠点とみられる遺構が見つかっている古墳時代後期(5世紀後半)の金井下新田遺跡で、首飾りをした人骨が発見された。
 古墳以外の遺跡で首飾りをした人骨が出土する例は県内では金井東裏遺跡(渋川市)に次いで2例目で、祭祀行為に携わる地位の高い人物で、金井東裏遺跡の人骨と同族だった可能性があるという。[上毛新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

このページのトップへ