記事一覧

波迦神社(島根県出雲市)

 斐川町の波迦(はか)神社で、奈良時代に編纂(へんさん)された『出雲国風土記』の記述を引用したとみられる戦国時代天文二十年(1551)の棟札が発見された。
 棟札に「この社の峯に天降り坐して」と墨書されている点が、風土記の「其の山の峰に天降り坐しき」という記述と酷似しており、同書を踏まえて書かれた可能性が高く、5日まで出雲弥生の森博物館で公開しているという。[産経新聞・毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村