記事一覧

古田織部美術館(京都市北区)


 織田信長が開いた茶会を記録した茶会記「津田宗及(つだそうぎゅう)御会席付(おんかいせきつけ)」」が古田織部美術館が数年前に購入した広島藩三好家伝来の美術品から発見された。
 天正二年(1574)五月二日に京の茶湯者・不住庵梅雪(ふじゅうあんばいせつ)が点前し、宗及の叔父や京の町衆が招かれた茶会のもので、9月18日まで同館で展示しているという。[読売新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村