記事一覧

幕末に牟岐沖に来航した異国船は海賊船(徳島県牟岐町)

 文政二年(1829)に牟岐沖に現れた黒船は、オーストラリアでイギリスの囚人が強奪した「キプロス号」である可能性が高いことがわかった。
 船の大きさ、帆柱の高さ、乗員の服装と人数、漂着時期がほぼ同じだったほか、弾が撃ち込まれて開いた船の穴の位置も一致するという。[徳島新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村