記事一覧

古代アステカの巨大寺院と球技場(メキシコ)

 メキシコ市中心部で、古代アステカの風神「エエカトルケツァルコアトル」を祭っていたとみられる巨大寺院球技場の遺跡が発見された。
 球技は儀式として行われていたもので、生贄(いけにえ)にされたとみられる32人分の首の骨が見つかったという。[時事通信AFP・ライブドアニュース]


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村