記事一覧

飯塚小カン斎の作品を発見(群馬県太田市)

 人間国宝だった昭和~平成時代の竹工芸家・飯塚小カン斎東京美術学校(現東京芸術大)の学生時代に描いた油彩画「K嬢像」が遺族宅で発見され、太田市美術館・図書館に寄贈された。
 卒業制作として昭和十七年(1942)に描いた作品とみられ、同館の開館記念展「未来への狼火(のろし)」で7月17日まで公開されているという。[上毛新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村