記事一覧

瀬田遺跡(奈良県橿原市)

 瀬田遺跡で、末広がりの箱状の脚が底部に付いた弥生時代後期末(2世紀後半)の編み籠が発見された。
 このため、全国各地で出土していた箱脚の用途が判明し、年末まで奈文研藤原宮跡資料室(橿原市)で編み籠を紹介するポスターなどを展示するという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村