記事一覧

開元寺南広場遺跡(中国・河北省)

 正定県開元寺南広場遺跡で、五代北宋・明・清代の遺跡群が発見された。
 出土したのは晩五代時期の城壁防御体制、時期の開寺の建築体制、北宋から明・清時期にかけての住居建築・街道体制がわかる文物約2000点だという。[チャイナネット]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村