記事一覧

諏訪大社(長野県下諏訪町)

 江戸時代宮大工で、宮彫りの流派「立川(たてかわ)流」の2代目立川和四郎富昌が手掛けた諏訪大社下社秋宮神楽殿のものとみられる社殿図が発見された。
 秋宮付き大工だった三井家の子孫に当たる両角家で保管されていたもので、工事内容を説明するプレゼンテーション用に提出されたものだという。[信州市民新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村