記事一覧

岡崎城(愛知県岡崎市)

 岡崎城の南を流れる乙川の河川敷に埋もれていた江戸時代前期の石垣が新たに発見された。
 3代藩主・本多忠利正保元年(1644)に完成させたもので、総延長400m、当時の絵図に描かれた「菅生川端石垣(すごうがわばたいしがき)」で、現存する城壁としては国内最長となるという。[中日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村