記事一覧

リアンブア洞窟(インドネシア)

 リアンブア洞窟に存在した形跡が残されている「ホビット」との愛称をもつ小型のヒト属ホモ・フロレシエンシス(フローレス原人)」は、これまで考えられてきたよりもさらに以前に絶滅していたことがわかった。
 これまでこの原人は1万2000年前まで同洞窟で暮らしていたされていたことから、現生人類が約5万年前に東南アジアに到達した後も長期間生存し、われわれの祖先と隣り合って暮らしていた可能性もあるとみられていたが、地層の再調査によって一部年代に誤りがあることがわかったという。[AFP]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村