記事一覧

條ウル神古墳(奈良県御所市)

 古代豪族・巨勢(こせ)氏の首長級の人物の墓とされる6世紀後半の前方後円墳・條ウル神古墳で、前方部にも後円部と同様に被葬者を埋葬した石室と石棺があったことがわかった。
 盗掘を受け破壊されていたが、凝灰岩製の石棺片などが多数見つかり、橿考研付属博物館(奈良県橿原市)の速報展「大和を掘る35」で石棺片を初公開しているという。[産経新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村