記事一覧

須玖タカウタ遺跡≦奴国(福岡県春日市)

 須玖タカウタ遺跡で、銅剣の柄の先端に付ける飾り「把頭飾(はとうしょく)」の製造用とみられる、弥生時代中期前半(紀元前2世紀頃)の土製鋳型の一部が発見された。
 同遺跡は『魏志倭人伝』に登場する奴国の中心部とされる地域にあり、把頭飾の土製鋳型の出土は国内で初めてだという。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村