記事一覧

小丸山古墳(長野県諏訪市)

 豊田有賀の「小丸山(こまるやま)古墳」から発見された鉄製の長方形の札を寄せ集めて作る「小札甲(こざねよろい)」が、飛鳥寺(奈良県明日香村)から出土した小札甲と酷似していることがわかった。
 被葬者が都の有力者と交流があった可能性を裏付ける史料になるという。[岡谷市民新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村