記事一覧

平城宮(奈良県奈良市)

 奈良時代の都の中枢だった平城宮跡で、多色に彩られた奈良三彩(さんさい)陶器と色彩のついたレンガ施釉磚(せゆうせん)の出土地が皇太子や天皇の宮殿などがあったとされる東院地区に集中していることがわかった。
 奈良三彩陶器や施釉磚は仏を祭る場に使われる場合が多く、平城宮には東院周辺など複数箇所に小規模な仏教関連施設があった可能性があるという。[産経新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村