記事一覧

オルトの書簡を発見(イギリス)

 グラバー園内・旧オルト住宅に住んでいた英国人貿易商ウィリアム・オルトが、長崎で活動を始めた頃に本国の母親らに宛てた書簡約70通が子孫宅で発見された。
 オルトは1860年に長崎オルト商会を設立、不平等条約下でお茶などを輸出し、中古製品などを輸入して巨万の富を築いたという。[長崎新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村