記事一覧

明科廃寺(長野県安曇野市)

 白鳳時代(7世紀後半)の創建とみられる明科廃寺で、寺の区画跡とみられる柱穴3か所が発見された。
 寺の範囲は100×100mと想定されるが、その西側の一部と考えられ、中心伽藍はこれより北側にあるという。[中日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村