記事一覧

芦峅雄山神社(富山県立山町)

 芦峅雄山神社が所有する県指定文化財「黄銅製仏餉(ぶっしょう)鉢」3個の製作時期が、室町時代後期の天文十六年(1547)とするこれまでの説より、数十年から170年ほど前にさかのぼることが、鉢の銘文からわかった。
 立山信仰に関する中世の史料は少なく、この時代における信仰の実像を知る手掛かりになるという。[北日本新聞47ニュース]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村