記事一覧

高見I・II遺跡・東峰遺跡(愛媛県伊予市)

 高見I・II遺跡と東峰遺跡で後期旧石器時代(約2~3万年前)の生活跡「礫群(れきぐん)」が四国で初めて発見された。
 火熱で赤く変色した岩石で、調理用に使われたとされるという。[産経新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村