記事一覧

百瀬慎太郎の作品を発見

 国内最古とされる登山ガイド組織「大町登山案内人組合(長野県大町市)」の創設者で、近代登山の先駆者とされる百瀬慎太郎が懐紙に記した短歌3首が、知人の遺族宅で発見された。
 3首とも百瀬の遺稿集『山を想へば(1962年)』にはなく、専門家などには知られていなかったという。[中日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村