記事一覧

岡本かの子の作品を発見(川崎市高津区)

 芸術家・岡本太郎の母で、歌人・小説家として知られる岡本かの子の全集未収録の詩が出身地の川崎市で発見された。
 かの子が卒業した高津小の同窓会誌「光」第3号(1922年5月発行)に掲載されていた「雑三章」と題する詩で、「親子」という一章で、太郎への思いを「くわつとして/子のわがままを/ひしひしにむちうちにけり/男なる子は泣かずとも/女なる親のわが身が/さめざめと泣きいでにけり/うたれしは子にあらずして/わが身にてありにけらしな/わがままは/子にあたへたるわれのわがまま」と、表現しているという。[読売新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村