記事一覧

島津義久→尚寧の書状を発見(愛媛県伊予市)

 薩摩の戦国大名・島津義久が、天正十八年(1590)に琉球国王・尚寧(しょうねい)に宛てたとみられる書状が発見された。
 約33×約45cmの斐紙(ひし)に「日本天正拾八年仲秋廿一日 修理大夫義久」と筆書きされ、義久の花押と朱印があり、豊臣秀吉の関東平定を伝え、祝いのために上洛(じょうらく)するよう促す内容だという。[愛媛新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村