記事一覧

丸岡城(福井県坂井市)

 重厚な石瓦の屋根が特徴の丸岡城天守閣が、建築当初は石瓦はなく、こけら葺ぶきだったことが1940~1942年に行われた解体中の写真からわかった。
 破風板に漆が塗られ、屋根を飾る(しゃちほこ)には金箔(きんぱく)が押されるなど、御殿風の華やかな建物だったとみられるという。[読売新聞]。



※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村