記事一覧

東大寺(奈良県奈良市)

 栄西が手がけ、弟子の行勇嘉禎四年(1238)頃に完成させた東大寺東塔跡で、中央に「七」の文字がある鎌倉時代軒丸瓦が20枚超発見された。
 文献では、東塔は高さ70~100mの巨大な七重塔とされ、「七重」の「七」を示すとみられており、29日~5月13日に東大寺ミュージアムで公開するという。[毎日新聞]




※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村