記事一覧

中世欧州の暗黒時代は噴火がもたらしたか

 6世期中頃に2度発生した火山噴火によって、欧州地域は長期にわたって光が遮られ、中世ヨーロッパのいわゆる「暗黒時代」の到来を告げるものとなっていた可能性があることがわかった。
 536年と540年に起きた噴火のどちらかが地表の著しい冷却を招いた可能性があるという。[ネイチャーAFP]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村