記事一覧

東大寺≧正倉院(奈良県奈良市)


 聖武天皇の遺愛品などを1200年超も納めてきた正倉院正倉(国宝)、平安~江戸時代に少なくとも15回の修理・点検が施されていたことがわかった。
 修理が確認できた最古の記録は平安時代の971~973年で、災害に伴う補修例は1031年の強風被害や1254年の落雷火災の例が見られるが、地震による直接被害はほとんどなかったという。[毎日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村