記事一覧

天理大付属天理参考館(奈良県天理市)

 天理大付属天理参考館が所蔵し、ササン朝ペルシャ(226-651)伝来とされるガラス製品「円形切り子わん」の製作が4世紀より古く、奈良市の正倉院宝物「白瑠璃碗(はくるりのわん。6世紀頃)」の原型となった可能性が高いことがわかった。
 元素を調べる蛍光エックス線分析にかけた結果、鉄分が少ないなど1~4世紀に流通したガラス素材と特徴が一致することが判明したという。[共同通信日刊スポーツ]





※新発見以外の歴史ニュースは「歴史タイムッス」でどうぞ。
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村