記事一覧

方山真光寺(福井県福井市)

 方山真光寺跡塔址で発見された水晶製の遺物2点が、仏像の目の部分にはめ込まれた「玉眼(ぎょくがん)」の一部だったことがわかった。
 木彫仏に玉眼技法を施すのは12世紀後半以降に一般的に見られるが、出土した水晶製遺物で、玉眼の部材として確認されたのは全国初という。[福井新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村