記事一覧

アトポデンタトゥスウニクス(中国・雲南省)

 雲南省三畳紀中期(約2億4200万年前)の爬虫類化石が発見された。
 あごが平たく横に広がった形をしており、浅い海で岩などに付着した海藻類をこそぎ取って食べていたとみられ、「アトポデンタトゥス・ウニクス」と名づけられたという。[サイエンス時事通信日経BP]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村