記事一覧

金井下新田遺跡(群馬県渋川市)

 金井下新田遺跡で、古墳時代(6世紀頃)の地域首長に関わる神聖な場所を囲っていた大規模な「網代垣(あじろがき)」跡や土器や勾玉1000点超が発見された。
 高さ3m・厚さ30cm、中央のよしず状の部分と両側の網代からなる3層構造で、編んだ植物が炭化した状態になり、当時のままの姿で保存されており、本日午前10時~午後3時に現地説明会があるという。[NHK・東京新聞]


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村