記事一覧

フィッツウィリアム美術館≦ケンブリッジ大学(イギリス)

 ケンブリッジ大学内にあるフィッツウィリアム美術館が所蔵する古代エジプトの小型の(ひつぎ)の中から胎児ミイラが発見された。
 紀元前664~525年頃のもので、妊娠16~18週、ミイラを収めたスギ材のは長さ44cmだという。[CNN]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村