記事一覧

吉行淳之介の作品を発見

 『驟雨(しゅうう)』『砂の上の植物群』などで知られる昭和時代作家吉行淳之介が若い頃書いた詩「挽歌(ばんか)」を改稿した「ポンポン蒸気船」の未発表の原稿が発見された。
 戦後ミステリーの大作『虚無への供物』の作家中井英夫の遺品の中にあったという。[毎日新聞]
関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村