記事一覧

雀宮宿(栃木県下野市)

 JR雀宮駅周辺で平安時代初頭の須恵器(すえき)や土師器(はじき)が、雀宮宿の問屋と名主を兼ねていた芦谷家で近世~近代の地下室跡が発見された。
 また、北隣の旅籠(はたご)を営んでいた家(松の家)の地下室も確認され、多くの陶磁器が出土したという。[雀宮地区まちづくり推進協議会]


関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村