記事一覧

洪水時に堤を切っていた尾張藩(名古屋市西区・清須市)

 江戸時代前期、尾張藩は想定外の増水時に藩祖・徳川義直がかけた枇杷島橋を守るため堤防を決壊させて水位を下げていたことがわかった。
 切られていたのは庄内川矢田川が合流する地点にある「小田井堤」で、住民らが抵抗していたこともうかがえるという。[中日新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村