記事一覧

カーンプールの仏教遺跡(パキスタン)

 カイバル・パクトゥンクワ州カーンプールの仏教遺跡で、3~5世紀の釈迦が横たわる仏像「涅槃(ねはん)仏」の足や寝台などが発見された。
 推定全長約14m、国内最大の涅槃仏だという。[カーンプール共同通信日本経済新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村