記事一覧

カマスサワラ(岡山県新見市)


 新見市西方にある備北層群で発見された約1600万年前の化石が、大型の肉食魚・カマスサワラ属の上顎だったことがわかった。
 同属はサワラと同じ「サバ科サワラ族」に含まれ、サワラ族の進化過程を理解する上で重要な資料になるという。[山陽新聞]

関連記事
スポンサーサイト

プロフィール

桜田史弥

Author:桜田史弥
日本史娯楽物語サイト「歴史チップス」の未来のネタ探しや過去記事の修正のため、歴史関連ニュースを確認しながら編集しています。

にほんブログ村 歴史ブログ 博物館・記念館へ
にほんブログ村

にほんブログ村 歴史ブログ 日本の伝統・文化へ
にほんブログ村